【北京時事】新型コロナウイルス感染が最初に拡大した中国で4日、習近平国家主席をはじめとする指導者や全国の国民がウイルスに感染して亡くなった人に黙とうをささげた。国営中央テレビが伝えた。中国本土の死者は湖北省武漢市を中心に3300人以上。習指導部は1月下旬から実施した本格的な対策が効果を上げていると誇る一方で、「局地的な感染リスクは依然存在する」(李克強首相)と認め、警戒している。
 追悼活動として午前10時(日本時間同11時)から3分間、防空警報のサイレンのほか車や列車などの警笛が鳴り響く中、黙とうが行われた。中国各地や在外公館では半旗を掲げて哀悼の意を示し、公共の場での娯楽活動が中止された。 (C)時事通信社