警視庁は4日、赤坂署刑事課の女性巡査(23)が新型コロナウイルスに感染したと発表した。当面、接触が疑われる同僚70人余りを自宅待機とする一方、本部から100人以上の支援部隊を投入する。同庁警察官の感染判明は、鮫洲運転免許試験場の男性警視に続き2人目。
 女性巡査は捜査1課との共同捜査を担当。3月16日ごろからせきの症状があり、同31日に発熱やのどの痛みを訴え早退した。病院で風邪と診断されたが、出勤を見合わせていたところ、4日に陽性反応が出た。同署員らに症状はないという。
 第一線の現場警察官の感染は初めてで、同庁幹部は「治安維持に影響がないよう全庁挙げて大規模支援を行い、捜査も強力に推進する」と表明。刑事課の代替要員に加え、機動隊や自動車警ら隊、機動捜査隊なども投入しパトロールを強化する。 (C)時事通信社