朝日新聞社は4日、東京都中央区の東京本社編集局に勤務する30代の女性記者が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同僚らに発熱などの症状は出ていないという。
 同社広報部によると、記者は3月28日の勤務中に嗅覚の異常などを訴え帰宅。4月1日にウイルス検査を受け、同4日に陽性が判明した。記者は内勤が主で、取材対象者と会ったのは2月23日が最後という。 (C)時事通信社