千葉県は5日、県内での新型コロナウイルス感染者の増加を受け、高校など県立学校の休校措置を4月末まで延長すると発表した。森田健作知事は2日の記者会見で、集団感染が発生した同県東庄町と周辺地域を除き6日から再開すると表明していたが、一転して延長を決めた。
 森田氏は5日、「状況が非常に切迫している中、いろんな判断をちゅうちょしたところもあったかもしれない。混乱を起こしてしまったことは申し訳ない」と述べた。
 また、同席した県教育委員会幹部は再開時期について「感染状況を見て前後することがある」と語り、事態が改善すれば4月中に再開する可能性もあるとの認識を示した。
 岐阜県教育委員会も5日、県立学校の臨時休校を19日まで延長すると発表した。入学式と始業式から再開する方針だったが、時間を短縮して入学・始業式は実施した上で休校を継続する。 (C)時事通信社