【ワシントン時事】米野党民主党のペロシ下院議長は4日、議員に宛てた書簡で「新型コロナウイルス感染拡大への対応を継続することが求められている」と訴えた。感染者の治療に当たる医療従事者や自治体などの重点支援に向け、「第4弾」となる経済対策の法案を「月内に提出したい」と意欲を示した。
 ペロシ議長は、3月に成立した2兆ドル(約217兆円)規模の対策第3弾を「拡充しなければならない」と強調。個人への現金給付や中小企業向けの対策を追加するほか、救急隊員ら医療従事者や病院、地域医療を支える州、自治体への支援に焦点を合わせる考えを明らかにした。 (C)時事通信社