法務省は5日、大阪拘置所の40代男性刑務官が新型コロナウイルスに感染したと発表した。拘置所や刑務所などに勤務する職員の感染が判明したのは初めて。刑務官は兵庫県在住で、体調不良を訴える収容者はいないが、発熱している職員が1人いるという。
 同省などによると、男性は2日、発熱のため外部の医療機関を受診。PCR検査を受け、5日に陽性が判明した。男性が担当していた4人の受刑者を単独室に隔離し、発熱した1人を含む同僚職員は自宅待機としたという。 (C)時事通信社