松井一郎大阪市長は6日、政府が新型コロナウイルス感染拡大防止に向けた緊急事態宣言を発令する意向を固めたことに関し、「緊張感を高める意味ではメッセージにはなると思う。ただ、行動を強制的に止めることにはならない。一人一人の(国民の)自覚を期待するしかないのではないか」と述べた。市役所で記者団に語った。
 松井氏は、国民の行動を法的に抑制できない宣言の効果に懐疑的な見方を示し、「実質、今とほぼ同じ状況だ。国が宣言すると、日本の経済が全て止まってるようなイメージが世界中に広がる。経済危機を招く可能性もある」と指摘した。
 井戸敏三兵庫県知事は「危機感を持った対応が不可欠と考えられ、機は熟しつつあるのではないか」と語り、宣言で大阪が対象となった場合、往来や交流のある兵庫も含まれる可能性があるとの見方を示した。 (C)時事通信社