在日米軍司令部は6日、新型コロナウイルス感染拡大を受け、関東地方に公衆衛生上の緊急事態宣言を出したと発表した。シュナイダー司令官は「東京での感染者の継続的な増加を踏まえたもので、在日米軍に関わる全員の健康と安全を守ることが最優先だ」と強調した。今のところ宣言の効力は5月5日までの予定。
 関東にある陸海空軍すべての施設が対象で、軍人や基地で働く日本人、出入り業者らの感染防止対策をより強化する。 (C)時事通信社