慶応大病院(東京都新宿区)は6日、初期臨床研修医約40人が、病院の注意喚起に従わず会食していたとホームページで発表した。研修医99人のうち18人が新型コロナウイルスに感染し、同病院に入院したという。
 病院によると、研修医1人の感染が3月31日に判明。接触者を調査する中で、約40人の会食参加が分かった。陽性の18人には参加者以外が含まれており、さらに調べている。病院は、懇親会などの会食はしないよう厳重に注意喚起していた。
 北川雄光病院長の話 医療者として許されない行為。行動規範をより一層周知徹底し、再発防止に努める。 (C)時事通信社