政府は7日、新型コロナウイルスの急激な感染拡大に備え、産業界に人工呼吸器など医療製品の増産や調達拡大を要請した。梶山弘志経済産業相と加藤勝信厚生労働相が経産省内で中西宏明経団連会長、桜田謙悟経済同友会代表幹事と会い、協力を求めた。
 感染者が急増する首都圏などでは、重症患者に対応できない「医療崩壊」への懸念が増しており、政府は同日午後に緊急事態宣言を発令する。梶山経産相は経済団体トップらに医療体制の維持に向けた人工呼吸器や治療器具、防護服などの増産、輸入拡大を求めた。中西会長は会談後、記者団に「スピードが大事だ」と述べ、速やかに対応する意向を示した。 (C)時事通信社