理化学研究所は7日、完成前の新スーパーコンピューター「富岳(ふがく)」を新型コロナウイルス対策の研究に試行利用すると発表した。ウイルスの性質解明や新薬候補の探索、感染拡大に伴う社会的影響に関するシミュレーションなどに活用する。4月中にも開始する。
 富岳は、昨年8月に運用を終えたスパコン「京(けい)」の後継機で、2021年度中の本格運用を目指し、昨年12月から理研の計算科学研究センター(神戸市)への搬入が始まっている。
 完成時には京の100倍以上の計算能力が見込まれているが、現時点で利用可能なのは10~20%程度。前倒しにより、速やかな成果創出を目指す。 (C)時事通信社