政府の規制改革推進会議は7日、新型コロナウイルスの院内感染を防ぐため、オンライン診療の大幅緩和策を決めた。対面診療が原則となっている初診について、事態収束までの間、受診歴のない患者を含めてインターネットや電話で診察を受けられるようにする。厚生労働省はこれを基に必要な手続きを進め、速やかに実施する。
 同省は今後、都道府県を通じ、過去に受診歴のない患者でもオンライン診療を行う医療機関を公表する。症状が急変した場合などに備え、対面診療に移れる準備を整えることを条件とするほか、なりすましを防ぐため本人確認を徹底。処方薬の量や種類は一定程度に制限する。 (C)時事通信社