【北京時事】中国政府は7日、新型コロナウイルスの逆流入を防止するため、8日以降、米国やイタリアなど26カ国から空路帰国する中国人に対し、健康情報などの事前提供を義務付けると発表した。スマートフォンアプリを通じて原則、搭乗前の14日間、体調や行動履歴などを報告するよう要求。従わない場合は搭乗を拒否する。対象国に日本は含まれていない。 (C)時事通信社