【パリ時事】フランス保健省は7日、新型コロナウイルスによる死者が1万人を超えたと発表した。集中治療を受けている患者数は7000人を超え、増加傾向にあるという。保健省幹部は記者会見で「まだピークは迎えていない」と述べ、感染拡大の継続に懸念を表明した。
 政府が3月17日に発動した外出禁止令の期限は今月15日。しかしフィリップ首相は7日、議会で「外出禁止措置はさらに続く」と述べ、延長の意向を示した。 (C)時事通信社