【台北時事】感染症などの検査技術の台湾のバイオベンチャー「柏勝生技」は8日、血液検査で新型コロナウイルス感染の有無を調べる装置を開発したと発表した。12分以内で判別できると主張。「空港などでの水際対策で使用するのに最適だ」と話している。
 血液1滴分に相当する30マイクロリットルの血液で感染の有無を調べ、大まかな感染時期も推定できる。デンマークでの臨床試験を終え、今月中にイタリアでも臨床試験を行った上で、5月中に欧州連合(EU)の医療機器認証を取得し、早ければ6月にも実用化にこぎ着けたい考えだ。 (C)時事通信社