防衛省は8日、海上自衛隊の横須賀地区(神奈川県横須賀市)の部隊に所属し、兵庫県内で勤務していた40代の男性隊員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。隊員は兵庫県内の医療機関に入院している。
 感染した隊員は、兵庫県内で勤務中の2日から発熱を訴え、6日になっても熱が下がらず入院。PCR検査で7日に陽性が確認された。
 自衛隊ではこれまでに、陸自の秋田駐屯地(秋田市)や健軍駐屯地(熊本市)などで感染者が出ている。 (C)時事通信社