【ビジネスワイヤ】武田薬品工業とバイオ製薬企業の米CSLベーリングは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療の高度免疫グロブリン製剤の開発で提携したと発表した。同製剤はCOVID-19から完全回復した患者の血漿(けっしょう)から、ウイルス不活化処理などを経て精製される。開発には独バイオテスト、英BPL、仏LFB、スイスのオクタファルマも参画。他の企業や機関も提携に参加する可能性がある。(C)時事通信社