自民党の岸田文雄政調会長は9日、党本部で東京・銀座のクラブホステスや歌舞伎町のホストクラブの代表らと面会した。ホステスらは、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた政府の緊急経済対策について、「接待飲食業を除外しないでほしい」と申し入れた。
 この中で、クラブなどでつくる一般社団法人「日本水商売協会」は要望書を提出、地方自治体の制度融資が接待飲食業を対象外としているとして、改善を求めた。政府系金融機関の支援融資が受けられることも、明確にするよう訴えた。
 面会後、銀座のクラブ「ル・ジャルダン」代表の望月明美さんは記者団に「緊急事態宣言で全部休業になり、まさに存続の危機」と窮状を説明。「お店の女の子たちも補償がゼロ。田舎に帰ることも止められず、地方への感染拡大にもなってしまう」と述べ、支援の必要性を訴えた。 (C)時事通信社