政府は、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言の対象地域に、愛知県を加える方向で調整に入った。大村秀章知事の要請を受けた対応。今後数日間の感染状況を見極めた上で、感染症専門家らによる基本的対処方針等諮問委員会の意見を踏まえ、最終判断する。複数の政府関係者が9日、明らかにした。
 愛知県内の1日当たりの新たな感染者数は2日までは1桁台で推移していたが、7日は21人、8日は20人と急増している。政府高官はこれを踏まえ、「要請は重い。考えざるを得ない」と明言。諮問委メンバーは「追加はあり得る」と語った。
 追加が正式に決まれば、政府は基本的対処方針を変更し、国会に報告する見通しだ。 (C)時事通信社