政府は9日、報道各社からの書面での質問に対する安倍晋三首相の回答を公表した。この中で、新型コロナウイルスの感染が急増する都市部から地方への「避難」について「厳に控えてほしい」と呼び掛けつつ、「やむを得ない理由であれば、感染を広げないための対策を取った上で、帰郷することを制限するものではない」と説明した。
 緊急経済対策で財政健全化が遠のいたとの指摘に対しては「財政ばかり優先し、国民生活が壊れてしまっては元も子もない。日本経済を正常な成長軌道に復帰させることが今は最も重要だ」と反論。緊急事態宣言に関しては「政治判断の責任は自分にあるが、命に関わる最悪の事態に至らないようにすべきだ」と強調した。 (C)時事通信社