富士フイルムは9日、新型コロナウイルスの治療薬として効果が期待される抗インフルエンザ薬「アビガン」について、臨床試験(治験)を日本に続き米国で開始すると発表した。コロナ感染者約50人を対象に実施。効果と安全性を確認し、米国での承認を目指す。
 米国で行うのは、承認に向けた3段階のうち2番目の治験。6月末までに終え、最終段階に移行する見通しだ。
 アビガンは子会社の富士フイルム富山化学(東京)が開発し、国内では新型インフルエンザウイルス向け医薬品として承認されている。コロナへの有効性を確認するため、3月末に国内で約100人を対象とした治験を開始。同社は政府の要請を受け、アビガンの増産に向けた準備を進めている。 (C)時事通信社