日本禁煙学会は9日までに、喫煙所や喫煙室を緊急に閉鎖するよう求めるとともに、禁煙を促す呼び掛け文をホームページに掲載した。喫煙所などに新型コロナウイルスの感染者がいて、近い距離でたばこを吸った場合、濃厚接触となって感染するリスクがあるという。
 喫煙は気管支に炎症が起き、肺の呼吸機能が低下する「慢性閉塞(へいそく)性肺疾患(COPD)」の最大の原因とされる。同学会は喫煙者は肺や免疫力へのダメージにより、新型コロナに感染した場合、重症化して死亡に至る恐れが非喫煙者より大きいと指摘。「この機会に禁煙に踏み切ることをお勧めする」としている。
 国際結核肺疾患予防連合も新型コロナの感染者急増を受け、禁煙とたばこの製造・販売中止を呼び掛ける声明を6日付で発表している。 (C)時事通信社