政府と全国知事会は9日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、意見交換会をテレビ会議で開いた。感染者の増加が予想されることから、加藤勝信厚生労働相は「軽症者の療養のため、宿泊施設の確保に早急に取り組んでほしい」と働き掛けた。保健所の態勢強化も求めた。
 これに対し、全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)は「保健所勤務経験者(が応援に入る)バックアップ態勢などが全国で展開されている」と現状を伝えた。
 飯泉氏によると、知事会が求めるイベントや事業の中止・休止による事業者への損失補償については、西村康稔経済再生担当相が「補償は考えていない」と改めて否定的な考えを示したという。 (C)時事通信社