愛知県は10日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、感染拡大防止のため、県独自の「緊急事態宣言」を出した。法的根拠はないものの県民に対し、不要不急の外出を控え、東京都や大阪府など政府の緊急事態宣言の対象地域への移動を自粛するよう強く要請。期間は5月6日までで、小中学校や県立高校の休校も同日まで延長する。
 県は8日、改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく対象地域に追加するよう政府に要請したが、週末を前に、政府の対応を待たずに県民に呼び掛けることにした。
 県は緊急事態宣言の発出に加え、医療体制の確保や新型コロナで影響を受けた事業者への支援強化なども進める方針だ。 (C)時事通信社