新型コロナウイルスの感染拡大を受け、京都府の西脇隆俊知事は10日、京都市の門川大作市長と緊急の合同記者会見を開き、京都府を改正新型インフルエンザ対策特別措置法に基づく緊急事態宣言の対象地域に追加するよう、政府に要請すると表明した。
 政府は7日、京都府に隣接する大阪と兵庫を含む7都府県を対象に緊急事態宣言を発令。京都府ではこれまでに165人の感染が確認され、9日には初の死者が出た。
 西脇知事は府内の感染状況について、人口1万人当たりの人数が全国で5番目で、感染経路不明が急増し、最近は5割近いと指摘。通院、通勤や食料の買い出しなど生活維持に必要な場合を除いた外出の自粛を改めて府民に求めた。
 その上で、西脇知事は「厳しい局面にある。周りに感染者がいる前提で行動してもらいたい」と呼び掛けた。門川市長は「感染が収まるまでは京都への観光は自粛をお願いしたい」と訴えた。 (C)時事通信社