法務省は11日、東京拘置所に収容されている60代の被告の男が新型コロナウイルスに感染したと発表した。刑事施設の収容者で感染が確認されたのは初めて。
 同省によると、今月上旬に東京拘置所に入った男は9日に発熱したためPCR検査を受け、11日に陽性が確認された。接触した収容者や職員を調べている。現時点で他の収容者や職員に感染が疑われる症状は出ていないという。
 また、大阪拘置所に勤務する30代の男性刑務官も同日、新型コロナウイルスの感染が判明。同所ではこれまでに別の刑務官3人の感染が確認されており、感染は合わせて4人となった。 (C)時事通信社