【ワシントン時事】米ジョンズ・ホプキンス大システム科学工学センター(CSSE)が12日公表した集計によると、新型コロナウイルス感染による米国の死者が2万人を超え、約2万2000人に達した。約2万人のイタリアを上回って国別で世界最多となり、感染拡大に歯止めがかからない状態が続く。
 全世界の死者は約11万人。国別ではスペインが約1万7000人、フランスが約1万4000人で米伊両国に続いている。
 全世界の感染者は184万人を超えた。うち米国が最多の55万人超で、16万人超のスペイン、15万人超のイタリアが続く。
 米国の死者はここ数日、1日に約2000人のペースで増加。米政府と各州当局は集会の禁止をはじめ他人と距離を保つ「社会的距離」の徹底、休校や企業の出勤停止で感染拡大阻止を目指しているが、米政府は死者が最終的に20万人に上る可能性があると警告している。 (C)時事通信社