【ソウル時事】朝鮮中央通信は12日、北朝鮮の朝鮮労働党中央委員会政治局会議が11日に平壌で開かれ、金正恩党委員長が出席したと報じた。政治局会議は、感染拡大が懸念される新型コロナウイルスについて、「感染の危険が短期間で解消されることは不可能」と危機感を表明。住民の生命と安全を保護する「国家的対策」を徹底していくことを決定した。 (C)時事通信社