さいたま市の清水勇人市長は13日、記者会見し、市保健所長が「病床が満杯になるのを避けるため、新型コロナウイルスの検査基準を厳しくしていた」などと発言したことについて、「信頼を損ない、誤解を招く表現だったことをおわびする」と釈明した。
 清水市長は、検査は県の基準に基づき行っているとした上で、「(医師の)裁量がある部分に関する発言だった」と述べ、基準を逸脱したわけではないとの認識を示した。一方、PCR検査の機器を早急に追加で1台確保する方針を示した。 (C)時事通信社