新型コロナウイルスの感染者は13日、東京都内で91人の感染が判明するなど、全国で新たに296人が確認された。国内で確認された感染者の累計は7684人となった。
 埼玉、神奈川、兵庫、福岡各県で計5人の死亡も確認され、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗船者を含む死者は154人となった。
 都内では12日まで4日連続で判明数が100人を超え、最多を更新し続けていたが、前日の検査数が少なかったことから91人にとどまった。うち8割超に当たる76人は感染経路が不明という。
 神戸市では、看護師が感染した神戸赤十字病院で、新たに男女の医師4人が陽性となった。市は院内感染の可能性があるとみている。
 沖縄県では、石垣市で男女2人の感染が判明した。同県の離島では初。県は感染経路を調べている。
 川崎市では30代と90代の女性2人が死亡、埼玉県と神戸市、福岡県でも患者各1人が亡くなった。
 一方、東京都は10日に判明した感染者について、189人から188人に訂正した。 (C)時事通信社