新型コロナウイルス感染対策で国民に外出自粛を呼び掛けた安倍晋三首相の12日のツイッター投稿をめぐり、海外の主要メディアは、自宅とみられる場所でくつろぐ様子が撮影された首相の動画に対しインターネット交流サイト(SNS)で反発の声が上がっていると報じた。
 ロイター通信は、「人々が生き残りを懸けて闘っている時にこんなぜいたくな(生活の)動画を見せて、『何様のつもりだ』と思わずにいられない」と怒りをあらわにしたツイッター利用者の書き込みを紹介。一方、安倍首相には息抜きの時間が必要だと擁護する人がいるとも指摘した。
 AFP通信は、インターネット上で多くの人がハッシュタグ「#何様のつもり」を使って動画を批判したと報道。米CNNテレビ(電子版)も「安倍首相は無神経だと糾弾されている」と伝え、首相が表明した全世帯への布マスク2枚配布でも「国民の反感を買った」と言及した。 (C)時事通信社