クルーズ船の乗船者を除く新型コロナウイルスの国内感染者は、約7割が50代以下だったことが13日、厚生労働省のまとめで分かった。死者の8割超が70代以上だったことも判明。若者が軽症で済む一方、高齢者が重症化しやすいウイルスの特徴が改めて浮き彫りとなった。
 同省がまとめた12日午後6時時点の累計では、死者は102人で、70代が37人、80代が36人、90代以上が11人で、70代以上が全体の82.4%を占めた。重症者は135人で、70代32人、80代21人などと高齢者に多い。
 死者は30代以下がゼロで、40代2人、50代6人、60代9人。重症者も30代以下は7人にとどまり、最多は60代の39人だった。
 感染者は全体で7121人に上り、10歳未満103人、10代167人、20代~50代は1100~1200人台だった。50代以下は計4979人で全体の69.9%を占めた。
 同省担当者は「発生動向を見る限り、若い人たちでは重症化の割合は少ないことが示唆される。若者は知らないうちに感染を広めてしまう恐れがあるので、引き続き不要不急の外出や『3密』を避ける行動をお願いしたい」と話している。 (C)時事通信社