【ビジネスワイヤ】非侵襲的モニタリング技術大手の米マシモ(NASDAQ:MASI)は、米セントルーク大学ヘルスネットワーク(SLUHN)が新型コロナウイルス感染症(COVID-19)患者の管理で、同社の遠隔患者管理システム「マシモ・セーフティーネット」の試験運用を開始したと発表した。同システムは、米ユニバーシティー・ホスピタルズとセントルークの意見を取り入れて開発された。センサー装着患者の血中酸素飽和度などの測定データを、遠隔の医師に伝送できる。また、各医療機関のプロトコルや各患者のニーズなどに合わせて、ケアプログラムを変更することも可能。(C)時事通信社