加藤勝信厚生労働相は14日の閣議後会見で、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言から1週間となることを受け、「東京都、(対象区域の)7都府県、全国全てで患者の数は倍増している」と述べた。
 加藤厚労相は、7~13日に増加した感染者の約7割が7都府県で発生したと指摘。増加が抑えられたように見える日はあったものの、「中長期的に見る必要がある。一日一日の数字で見ていくのは適切ではない」と語った。 (C)時事通信社