【ワシントン時事】米紙ワシントン・ポスト(電子版)は13日、米中央情報局(CIA)が新型コロナウイルス治療における抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」の使用について、突然死などの副作用をもたらす恐れがあると警告したと報じた。トランプ大統領はヒドロキシクロロキンが新型コロナ治療の「画期的な薬」になると期待を寄せていた。
 CIAは3月下旬、職員向けのウェブサイトで「(この薬を使えば)心不全など深刻な副作用が起きる可能性がある」と指摘。使用は医療専門家の立ち会いの下で慎重に行われるべきだと説明し、「独断で入手しないで」と注意を呼び掛けた。
 トランプ氏は慎重な裏付けを求める専門家らの忠告を無視し、たびたびヒドロキシクロロキンの効果を吹聴。「治療薬の試験に何年も費やす余裕はない」とも述べ、臨床使用に向けて2900万回分のヒドロキシクロロキンを備蓄していると語っていた。 (C)時事通信社