【ニューデリー時事】インドのモディ首相は14日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け3月25日から3週間にわたり実施している外出禁止措置に関し、5月3日まで延長すると発表した。ただ、経済への影響も考慮し、一部地域については今月20日以降、外出禁止に伴う規制の一部緩和を検討する意向も示した。
 13億人超の人口を抱えるインドの医療体制は不十分で、政府は外出禁止により住民同士の接触を避けることで感染拡大の防止を図ってきた。モディ首相は14日の国民向け演説で「他国と比べ、新型ウイルスとよく闘ってきた」と国民の忍耐を称賛。さらに「ホットスポット(感染者が急増している地域)を新たに生じさせてはならない。厳しい措置が必要だ」と延長の意義を強調した。
 また、外出禁止で経済が疲弊していることを踏まえ、「各地域、各州は今月20日まで状況を注視する。その後、規制を緩和できるか判断する」と述べた。定期旅客便の発着停止措置については、国際線、国内線とも5月3日まで延長となる。 (C)時事通信社