新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言を受け、警視庁は14日、運転免許試験場や指定警察署などでの運転免許の更新業務を休止すると発表した。期間は15日から当面の間で、7月31日までに更新期限を迎える免許は期限を延長する。
 警視庁では昨年1年間で170万人以上、1日平均で約6000人が運転免許を更新している。期限延長の手続きをするには、試験場などに出向くか、免許証のコピーや申請書などを郵送する必要がある。同庁は「外出を控えるためにも郵送してほしい」と呼び掛けている。
 同庁は、認知機能検査や高齢者講習も15日から休止し、予約済みの人には個別に連絡する。学科、技能試験の受験は、仕事などで免許が早急に必要な場合を除き、自粛を要請するという。 (C)時事通信社