米ジョンズ・ホプキンス大システム科学工学センター(CSSE)の日本時間14日夜時点の集計によると、新型コロナウイルスによる世界の死者は12万人を超えた。最多は米国の2万3000人超で、イタリア(約2万人)、スペイン(約1万8000人)と続く。
 感染者は累計約193万人で、米国(約58万人超)が全体の約3割を占める。次いでスペインが約17万人、イタリア約16万人、フランス約14万人となっている。 (C)時事通信社