新型コロナウイルス感染症に関する偽情報を友人らに拡散したとして、熊本県の田嶋徹副知事は14日夜、県庁で記者会見し謝罪した。
 田嶋副知事によると、9日に知人からLINEで「日赤医療センター医師からの依頼。患者が急増し、コロナ病床は満床になった」などと不安をあおる情報が送られてきた。副知事は内容に目を通した上で同日、県幹部を含む約10人にLINEで転送した。
 その後、「副知事からの情報提供。参考にしてください」と付記され、別の人に転送されたケースもあったという。
 副知事は記者会見で、「不確かな情報が県民に届けられ、日赤医療センターにご迷惑を掛け申し訳ない」と謝罪。同センターはホームページで「SNSで拡散されており、業務に支障をきたしている。当センターが発信したものではない」と注意を呼び掛けている。 (C)時事通信社