広島市は15日、新型コロナウイルスの感染者が新たに18人確認されたと発表した。
 18人は広島市の社会福祉施設「見真学園」の入所者11人と職員7人。同施設関係者の感染は40人となった。市はクラスター(感染者集団)と判断している。
 市は14日、入所者や職員ら22人の感染を確認。関係者の検査を進めていた。
 滋賀県では、60代男性患者の死亡も確認された。同県の死者は初。 (C)時事通信社