【グローブニューズワイヤ】Crown・Bioscienceは、Jean・Pierre・Wery氏を取締役会の執行委員長に任命すると発表した。Wery氏はJSR・Life・Sciencesの最高技術責任者(CTO)も務める。JSRは前臨床マーケットにおけるライフサイエンスポートフォリオを拡大するため、2018年にCrownBioを買収した。Wery氏はこの新しい役割で、戦略的な相乗効果を特定し、創薬やバイオマーカーの研究機関向けの革新的な技術、プラットフォーム、ツールを開発するための協業を主導する。CrownBioは2020年4月1日よりWery氏の後任の最高経営責任者としてArmin・Spura氏を任命した。(C)時事通信社