横浜市の私立保育園で、保育士が新型コロナウイルスに感染していたにもかかわらず、市が感染の事実を保護者に伝えないよう園に求めていたことが15日、分かった。市は「接触範囲などを正確に伝えるため、保健所の調査を待って伝えるべきと判断した」と説明。園長らでつくる団体は「情報操作、隠蔽(いんぺい)だ」と批判している。
 市によると、保育士は8日に陽性と判明。同日夜、園から市に報告があったが、市は「保育士は既に出勤しておらず、感染リスクが高まるわけではない」として、9日も通常通り開園するよう求めた。ただ、園が独自の判断で、保護者に知らせたため、同日の登園者はいなかった。
 9日午後に保健所による調査が行われ、園職員37人全員と園児13人が濃厚接触者と特定され、10日からの休園が決まった。
 市の担当者は「保護者の心配な気持ちへの配慮が不十分だった。今後は、保健所の調査を待たずに休園を決定する方向で検討したい」と述べた。 (C)時事通信社