富士フイルムは15日、新型コロナウイルスの治療薬として期待されている抗インフルエンザ薬「アビガン」の生産体制を拡大し、増産を始めたと発表した。生産能力を7月に現在の約2.5倍となる月産10万人分、9月には約7倍の30万人分に引き上げる。
 アビガンは、富士フイルムの子会社、富士フイルム富山化学(東京)が開発し、国内では新型インフルエンザ向け医薬品として承認されている。政府は今月、新型コロナ関連の緊急経済対策をまとめ、アビガンを200万人分備蓄できるよう増産支援することを決めた。
 富士フイルムは、グループ会社の生産設備を増強するほか、原料メーカーや各生産工程の協力会社など国内外の企業と連携し、増産を推進。10月以降の早い時期に原薬の製造設備も増強する計画で、10万人分の生産能力を上乗せできるとみている。 (C)時事通信社