エフエム東京は15日、報道情報センターに勤務する40代男性社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。14日にPCR検査で陽性と判明、男性は比較的軽症で自宅待機しているという。
 同社によると、男性は3日、のどの痛みで病院に行き、風邪の診断を受けたが、8日まで勤務を継続。その後、発熱したため自宅待機していた。ただ、記者として6日に国会議事堂を訪問。7日には安倍晋三首相が緊急事態宣言に関して国会報告した衆院議院運営委員会を現場で取材したほか、首相官邸の記者会見室にも入室したという。
 同社は「保健所の見解では発症した8日夜以降に接触した人が濃厚接触者に当たる」と説明している。 (C)時事通信社