神奈川県は15日、県衛生研究所が14日に実施した新型コロナウイルスのPCR検査で、陰性患者を陽性に、陽性患者を陰性に判定する検体の取り違えが1件あったと発表した。県と同研究所は「関係者に多大な迷惑を掛けた」と謝罪した。
 県によると、PCR検査の過程でチューブを取り違えたことが原因。結果を伝えた医療機関から別の患者のものではないかと問い合わせがあり、残っていた検体を再検査し発覚した。
 県は、誤って陰性と伝えられた女性は自宅待機中で、感染拡大の恐れはないとしている。ただ、陽性と伝達した女性は別の病気で15日に死亡。陽性と判定されたことにより、亡くなる際に家族は立ち会えなかったという。 (C)時事通信社