【ロンドン時事】肺炎の疑いで英中部バーミンガムの病院に収容され、新型コロナウイルスへの感染が確認された106歳の女性が約3週間に及ぶ闘病の末に回復し、退院した。病院の運営機関が15日公表した。「英国で新型コロナウイルスを打ち負かした最高齢患者」とみられる。
 女性は、バーミンガム出身で1913年9月生まれのコニー・ティチェンさん。退院に当たり、「ウイルスを撃退できたのはとても幸運だと思う。家族に会うのが待ち遠しい」と話した。 (C)時事通信社