【ベルリン時事】ドイツのメルケル首相は15日、新型コロナウイルス感染拡大阻止のため先月に導入した各種制限措置を緩和すると発表した。制限緩和は初めてで、小・中規模の店舗の再開などが柱となる。
 ただ、首相は「もろい、仮の勝利だ」として、封じ込めは達成できていないと強調。3人以上の集会禁止など多くの制限は、5月3日まで延長する方針を示した。また、公共交通機関の利用時や買い物時には、非医療用のマスク着用を「強く推奨する」と述べた。 (C)時事通信社