菅義偉官房長官は16日の記者会見で、厚生労働省クラスター対策班の西浦博・北海道大教授による、新型コロナウイルス対策を取らない場合に約42万人が死亡するとの試算に関し、「厚労省の公式見解ではない」と述べた。菅氏は、「(試算の)前提とは異なり、既に緊急事態宣言を発出して、国民に不要不急の外出自粛など協力をお願いしている」と強調した。 (C)時事通信社