安倍昭恵首相夫人が3月中旬、新型コロナウイルスの感染拡大防止に向けた改正新型インフルエンザ対策特別措置法が施行された直後に、大分県宇佐市の宇佐神宮などを参拝していたと、16日発売の週刊文春が報じた。
 週刊文春によると、昭恵夫人は3月15日、知人らと一緒に宇佐神宮を訪問。マスクは着けず、神事などに加わったという。
 前日の同14日には安倍晋三首相が改正特措法の施行を受けて記者会見し、「現状は依然として警戒を緩めることはできない」などと国民に呼び掛けていた。 (C)時事通信社