神奈川県大和市は16日、新型コロナウイルス感染拡大を踏まえ、市民に対してマスク着用を心掛けるよう求める条例を制定した。「おもいやりマスク着用条例」との名称で、大木哲市長は記者会見で「他人にうつさないという利他の精神を掲げた」と強調した。
 条例は、大木市長が同日専決処分し、施行された。感染症の流行が予測されているか、すでに流行している場合、市民にマスク着用を求める。罰則はない。
 全国的にマスクの品薄が続いているため、市はホームページで簡易マスクの作り方を紹介した国の動画を案内しているほか、品薄が落ち着いた段階で、マスク約100万枚の備蓄を検討している。 (C)時事通信社